このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
フカセ釣り用ウキ
ゼロガイドフロート

はじめに。「ゼロガイドフロート」は、今日までの「ウキ」に対する様々な理論を否定しているわけではありません。むしろ、弊社で行った数々の実験の中でその挙動の素晴らしさに幾度も感動しました。 しかしながら釣り人は、常に変化する海の状況を察知して様々な仕掛けを選択しなければなりません。その中で「ゼロガイドフロート」が、選択肢の一つになればと思っています。 そして、過去~現在そして未来に至る釣り業界を支えて下さっている全ての方々のご尽力に敬意を表するとともに、釣り業界の更なる発展を願っています。

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

理論

~アタリ振動伝達理論~

ウキ止め無しの全遊動仕掛けにおいて、ラインでアタリをとるということは、魚が捕食したときのエネルギーが、竿や手元に伝達されるということです。しかし、間にウキがあると、ウキにエネルギーが吸収されます。感度がいいとは異なりますが、アタリのエネルギーを吸収しやすいウキほど竿や手元に伝達しにくいということになります。
「ゼロガイドフロート」は、ウキ上部の「ゼロガイド」にラインを通し、ウキとラインの抵抗を可能な限り減らすことで、ウキにエネルギーが吸収されにくくなり、ラインにアタリが伝わりやすくなっています。また、ウキ下へのライン送り、ラインの張り、ウキの流し易さは、今までにない感覚が得られます。そして逆に言うと、魚がウキの抵抗を感じにくいので、食い込みが良くなります。細かいアタリをウキの挙動を見て合わせることは出来ませんが、慣れれば魚がエサに触った感覚がわかるようになります。

但し、ライン操作や潮の流れが釣果に影響しますので、上級者向きとなります。

「ゼロガイドフロート」

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

実証実験でも高いアタリ伝達が証明され、この独特な形状で特許を取得しました。

アタリ振動伝達概念図

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

アタリ振動伝達実験

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

~製品~

ゼロガイドフロート「プロト」

無色透明素材を採用した理由
魚に違和感を与えない為
着色等のデザインがしやすい為

ゼロガイドに道糸を通したイメージ

色付き ウキ本体
(ウキ本体上部に色を付けた商品もあります)

ポリカーボネート用の塗料を使用しています

ゼロガイドフロート「プロト」 詳細図

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

ゼロガイドフロート「プロト」の仕様

外径:40mm
高さ:30mm(ゼロガイドを除く)
色:無色透明(パッキンは黒)

総重量:14.9g(本体内蔵錘を除く)
ゼロガイド:0.4g/ウキ本体:13.0g/浮力調整タンク1.5g

付属品:本体内蔵錘(SUSリング状錘)2.0Φ:2.1g

<使用方法と注意事項>
◆潮の状況に合わせて錘を(浮力)調整して下さい。
◆浮力調整タンクに錘を入れて調整することによりゼロガイドが安定します。
◆ウキ抜け防止の為、必ずウキストッパー等を取付けて下さい。
◆PEラインを使用する際は、糸絡みを防止すために、ショックリーダー部でウキが止まるようにセットして下さい。
◆使用後は、腐食及び劣化を避ける為、真水で洗い流して下さい。


フカセ釣りでのイメージ

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想
棚にラインを送ることも、ウキを沈めることも容易に出来ます。

参考使用記録

本体の組立方

本体の組 立てはネジ式 になっています 。本体内部に水漏れがないように本体上部と本体下部が付く程度に締め付けて下さい。(締めすぎると外れにくくなります )

※本製品は、本体内蔵錘を交換できるようネジ式にしていますが 、力の弱い方が締め付けると、水漏れを防げない場合があります。予めご了承下さい。
※ネジ部には多少の潤滑剤がついていますので、拭き取らないで下さい。

本体に錘

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

本体とゼロガイドの組立方

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

組立手順

①本体上部と下部を組み立てる(ネジ式)

②ゼロガイドを本体上部の穴に通す

③ゼロガイドと浮力調整タンクを結合する(約90度回転)

細部

組立と調整(海の状態に最適化する)

浮力調整タンクとゼロガイド

浮力調整タンクに入れる微調整錘は付属品にありません。
コーティング錘7号等を使用して下さい。海水でも可。 
※錘の入れすぎに注意して下さい。
ゼロガイドと浮力調整タンクを固定する際、破損の原因になります。 

浮力調整タンクは2分割です。内部が清掃できるようスパナで回せるように六角形になっていますが、使用時はゼロガイドを差し込む穴より、錘を出し入れして下さい。


※本製品ネジ部の締め込みすぎに注意して下さい。 破損の原因になります。

浮力調整タンクに錘

フカセ釣り用ウキ|ZEROGUIDE FLOAT(ゼロガイドフロート)|奇人の新発想

使い方説明(動画)

ご利用の際は必ずご確認下さい

ご注文

ゼロガイドフロート「プロト」
セット内容

<セット内容>
◆ゼロガイドフロート「プロト」×1セット
◆奇人ステッカー(Product developer)×1枚
◆全国送料無料
-日本製-

ご注文に際しての注意事項

  • 今回の商品につきまして、化粧箱などの気の利いたパッケージはご用意できません。予めご了承下さい。
  • 検品には、万全を期して出荷しますが、万が一輸送中の破損などがあった場合は、交換品をお送りいたします。(商品到着後速やかにご連絡お願いします)また、ご連絡の際、破損状況が確認できる画像の提出を求める場合があります。
  • 返品に関しまして、明らかに不良品であることが確認できる未使用品のみ返品、交換の対象とさせていただきます。使用後の返品、交換はいかなる場合も対象外とさせていただきます。また、お客様都合による返品、交換はお受けできません。
  • 発送はクリックポストを予定しています。送料無料(3,000円以上で送料無料)
  • 今回の商品につきまして、化粧箱などの気の利いたパッケージはご用意できません。予めご了承下さい。

~悩み~

フカセ釣り好きのあなたへ

こんなお悩みありませんか?

  • エサは取られるが、アタリがわからない
  • ウキの細かいアタリが見づらい
  • ラインであたりを取りたいが、ウキが邪魔
  • 仕掛けを遠投するためにはウキが必要
  • ウキの細かいアタリが見づらい

お悩みは「ゼロガイドフロート」で解決できるかも


~奇人の新発想~

アタリがラインに伝わりやすい
ZEROGUIDE FLOAT

全遊動仕掛けにおいて

✅ラインでアタリをとることに特化したウキ

✅ウキとラインの抵抗を極限まで減らし、アタリを手元に伝わりやすくしたウキ

✅ウキ本体の交換、浮力調整が容易にでき、海の状況に合せ最適化出来る設計

ご挨拶


開発への想い

弊社は長年、ラインでアタリをとることにこだわり、「理想のウキの構造」を追及してきました。

2017年、実用化に向けて、国立高等専門学校機構と共同で「釣り用浮具実証実験」を企画・実施し、「ゼロガイドフロート」の高いアタリ伝達性能が証明されました。

2018年、無事に特許を取得することが出来ましたが、製品化するには多額の資金と労力が必要なこともあり、小さな会社の無謀とも思える挑戦は、希望と挫折の連続でした。

しかし「沢山の方々に新発想のウキを使って頂きたい」という強い志を元に、やっとの想いで金型からの試作品を作ることができました。

そしてこの奇人的な新発想「フカセ釣り用ウキ」のブランド名を「奇人(KIJIN)」と命名しました。

今回のプロジェクトは単に「製品をお買い上げ頂きたい」ということだけではなく、ご愛用者とのコミュニティを創りたいと思っております。 ご賛同頂ける方々に、このウキを使った感想や釣果について、あるいは「この部分をこうすれば」などのご意見を頂くことにより、今後のよりよい製品づくりに繋げていきたいと思っております。 


さらなる進化へ

奇人の想いとロゴについて




ブランド名のKIJIN (奇人)をモチーフにデザインしました。 意味としては、釣りの魅力に取りつかれて、周囲の人々から見たら変人扱いされるような人。 しかし、常識を変える様な熱意溢れた先人たちも一時的には「奇人」扱いされてきたと聞きます。私たちは人々の内なる「奇人性」を信じ、育み、励まし、邁進してこそ夢を実現できると考えています。このプロジェクトを通じて沢山の奇人が集い、夢をさらに膨らませながら実現していきたいと願っています。

会社概要

法人名 株式会社 ASファクトリー
代表者 識名 由美
所在地 沖縄県那覇市三原1-22-45 山川ビル2F 
※こちらでは販売していません。
所在地 沖縄県那覇市三原1-22-45 山川ビル2F 
※こちらでは販売していません。
※:基本的にお電話での対応は行っておりません。
お手数ですが、下記よりメールでのお問合せをお願いします。
尚、営業行為はご遠慮ください。
お問合せはこちら